シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

健康な食べ物を意識する理由と川越達也のイメージ

 川越シェフといえばテレビと何故かキムチで一世を風靡したイタリアンシェフの1人、

もちろん皆さまもご存知の通りでしょう

 ちょっと優しそうでいて、ちょっと意地悪そうでもあり、年齢不詳な感じでやや中性的な彼は魅力的でした

 

 実のところ私は以前プロフィール写真を撮りに歌舞伎町へ行った時、あの鼻の穴を前面に出す感じの顔の、オマージュと言うよりは完全なるパクリ顔で

 

とあるプロカメラマンに撮影を依頼したのですがそのカメラマンさんに

『お願いだから普通に撮りましょうよ!』と諭され

その試みはボツとなったのでした。

 

 沸騰していないお湯にパスタ入れちゃうシェフであったとの話は有名だったそうですが

(あくまで噂です)

代官山、白金などに人気店舗を持ち、あの お水800円騒動が起こった頃は

腕の立つシェフ達を高給で雇っていたと当時の食べログ画像などから推測してましたが

その後次々と閉店した事は未だちょっと謎であります

 

  さて、ちょっと話は変わりまして

『料理が苦手なんだけどどうすれば得意になれますか?』

そのような相談を受けることがあるのですが

何も難しい事はありません、簡単に説明しますと、まず苦手意識を捨てましょう

簡単に料理のスキルは向上させることができます。

 

外食は控えてとにかく料理を作り 質より数をこなす事が重要なポイントです

家庭料理と言うジャンルのアイデアは既にだし尽くされ完成されていますので

オリジナリティを求める必要は全くありません

優れたレシピを選び、それに忠実に従い調理を作業として進めてください

出来れば分量は%を意識するとより精度があがります

そこに愛情を込めるとグッと美味しくなります、ここで言う愛情とは得体のしれないパワーではなく

(※そのようなパワーをお持ちの方はもちろん注入してください)

 

畑から採れたての野菜達



相手の体調や好みを考慮する事と食材の選定です

例えば高品質の食材は値段も少し高いかもしれませんが長期的にみれば

それを食べる事により病気にもかかわらず健康に暮らせるかもしれません

パートナーや家族の為に食材の選定を考え変えていくと家庭料理はかなり違ってきます

日本の物流はとても便利なので例え都市部に住んでいたとしても

探せば色々と高品質な食材が手に入ります、しかし高級食材=高品質な食材=健康的

と、簡単には言いがたいです、これらは私が家族を持って以来 日々研究しています

家族の健康を常に意識する理由として

  • 基本的に私達の体は摂取したものから構成されており、その中に思考や精神などがある
  • 不健康な状態をお金で解決する事はとても難しい
  • 健康体をベースとして作っておけば後々の選択肢が自ずと増える
  • 健康的に長生きしていれば子供達の将来を見ていることも人生の楽しみとなる

と、いったところです。

食材の見分け方なども後々このブログにて紹介していきたいと思います。