シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

ヨガに男だけど参加してみたINカナダ

 2020年がスタートし早くも一月後半、皆様いかがお過ごしでしょうか。

和歌山でヨガインストラクターをやっているお客様と出会った数年前から

1つの目標であったヨガクラス、、ついに本日初参加してきました!カナダですけど。

 

どの程度カナダは男性ヨガ人口を所有しているのか?

そもそも男性会員募集しているのか?

などど考えながら近所の最近出来た某ヨガスタジオへEメールにて問い合わせたところ

『ユーアー本気でウェルカム!』とのことでしたので早速参加してみた次第です

今回のヨガのスタジオ

(今回私が参加したスタジオ)

今回のヨガ料金

1クラス     $18

10クラスパスは$150

1ヶ月 好きなだけは $130

4ヶ月以上好きなだけなら毎月辺り$90(安すぎでは?)

※私が今回とったコースは初回限定お試し2週間に好きなだけクラスを受けられて$40

1カナダ$が約84円だとすると日本円だと3350円くらいの感覚、安いけどシャワーは無しでこじんまりとしてました。

ヨガのポーズ (このポーズが出来て褒められた私)

 冬ど真ん中➡運動不足➡仕事と英語学習ばかり➡呼吸が浅くなる➡短気➡呼吸が浅い➡

このような負のスパイラルに陥ってしまいたくないので、ストレッチングでなくヨガ的な腹式呼吸の方法を習いたかったのですが、深く吸って、、ゆっくり吐き出して、、くらいの説明でとりあえず私の動きについて来なさいといったスタイルでした。合計10名程生徒がいたのでまあそういうものでしょう

とりあえず私はヨガの呼吸について興味があったので調べてみました。

 呼吸について

呼吸は、人間や生き物の生命の働きの中で一番重要な役割をしています。私たちは息をしている間だけ生きており、息が止まれば生命も停止します。

呼吸は、酸素を吸収し炭酸ガスを排出する働きだけではありません。無意識のあらゆる動作や心理状態に関係しています。「息が合う」「阿吽の呼吸」「呼吸をつかんだ」「息を呑む」「息を凝らす」とは良く使われる言葉です。

息は「生き」に通じ、息の仕方が生き方、人生そのものを決めると言われます。たとえば、元気な人、長寿な人は、長く深く、豊かな呼吸の持ち主が多いものです。反対に、元気のない人、病気の人は、短く、浅く、速く、弱いという共通点があります。

正しく呼吸を行うことは、肺に備わる能力を引き出し、心の安定、自己コントロール力も得ることができます。

 

呼吸体操法について
以下の五つの呼吸体操法からなっています。

1 前後体操

2 左右体操

3 捻転体操

4 上下体操

5 腰回転体操

これらを行うことにより、呼吸関連筋肉群の伸縮能力が高まり、呼吸と関係の深い骨の歪みがとれて、呼吸力が高まります。

(認定NPO法人日本ヨガ連盟ホームページより引用)

 

ヨガ初体験まとめ

ちなみに現代のヨガは様々な流派が生まれ独自に発達しているようでかなりの数が存在するようです、中でも私が気になったのはホットヨガ

低温サウナは現代人の毒抜きには最適な方法だと言えます、そこにヨガを組み合わせるとなるとエキサイティングしか言葉がでてきません、

まあ今日参加した標準的なヨガも十分にHOTでしたけど、、

(私以外は皆様カナダ人女性だけでした、ご容赦ください)

ジョークはさておき、毒抜き後はより適切な食事と飲料を選びましょう。

ちなみに、私は今日ヨガ初体験した後 家に帰り軽いランチとってからお風呂に30分程浸かりながらハーブティーを飲みました。

我ながら聞こえがもの凄くガーリー(女の子みたい)、、。

とりあえず男性にもヨガも料理もオススメします、では良い一日をお過ごし下さい。

 

 ⬇ハーブティの記事はこちら⬇

www.kazu-canada.org