シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

づけ丼たれレシピをミリン、酒なしでとある村〜

 皆様いかがおすごしでしょうか。

カナダの物流は日本に比べてマッタリしており佐川急便や黒猫ヤマトのように

注文したら翌日に届くようなサービスはかなり限定的ですが

今日は久しぶりにビンチョウマグロの子が手に入ったので漬け丼にします

ここはカナダブリティッシュコロンビアの小さな町、、、そう

本物の味醂も日本酒も手に入りませんからある物で可能な限りシンプルに

簡単に本物志向のレシピで手作りしていきます。

自家製のづけ丼

づけ丼たれ

(4人分材料)

  • 醤油      100g
  • 水         50g
  • ブラウンシュガー  20g
  • ごま油       30g

(使い切る場合のみ卵黄を2つ加えてもOK)

作り方

  • 小瓶に全ての材料を入れフタをして振ってまぜる
  • 刺身のスライスと合わせ5分以上漬けて完成(たれは冷蔵庫で1週間程保存可)

トッピングのアイディア

白ごま、アボカド、刻みネギ、卵黄、刻み海苔、とろろ芋、オクラ、豆腐、キュウリみじん切り

ミョウガ、大葉、納豆、キムチなどをお好みでトッピングしてください。

づけ丼たれレシピまとめ

私の住む小さな町は海からかなり離れているのでなかなか状態のいい海産物は手に入りません、普段は自ら釣ったレインボートラウトを食べることが多いのですが冬の間は湖は全て厚い氷に閉ざされスケートリンクになっています

極寒の嵐の中でハンマーと小バールで汗だくになりながら約40分かけ厚さ40cmの氷を貫通させたものの一匹も釣れなかった地獄を味わった私としては冬は道具が無い限りアイスフィッシングにはもう行かない次第であります。

  • 話が脱線しましたが・酒、ミリン、出汁なしで意外と美味しく作れました。

ブラウンシュガーはづけ丼のたれとしてギリギリ成立する最低限の量になっております

全ての材料は可能な限り高品質で揃えましょう、

回転力の高い頭脳、へこたれない精神、タフな粘り強い体を作る為に食を基礎的な自己投資と考えてみてはいかがでしょうか。

化学調味料不使用でなにか物足りないと思われる方はトッピング多めで味の複雑味を増せば余韻の長い味わいを楽しめると思います

 楽しい料理は高品質な食材と道具からです、上質な道具をある程度揃えてしまえば家庭料理はやらざる負えません、、¥100ではだめですテンションが上がりません。

 

⬇私はこちらミソノ440シリーズを4本所有し15年愛用しています、頻繁に砥いでいるものは随分短くなってきましたが家庭で使うなら間違えてゴミ箱に入らなければ一生使える程の1本です、ちなみに我が家で使っているのはこのペティナイフ1本だけ。 

 

⬇家庭でのナイフ研ぎならこちら、安物は包丁の方もダメになるので有名メーカーの物をオススメします、タフで使いやすいので家庭ではこれで十分です、砥石まで購入する必要ありません⬇ 

パール金属

包丁 はさみ 研ぎ シャープナー マグネット付 便利小物 日本製 C-3814

 

 ⬇目からウロコ?お米の炊き方はこちら⬇

 

www.kazu-canada.org

加熱した卵黄を使用した丼ソースはこちら⬇海鮮丼にも使えます。


 

www.kazu-canada.org

 ⬇料理レシピランキング参加中ポチッとお願いします。