シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

中華あんかけレシピをフレンチシェフ〜

作ってみたというか、家庭だけでなく勤務先レストランでスタッフの賄いも担当してますので、中華料理は便利でかなりの頻度で作っています

理由としては早くて簡単で野菜もたくさん使用出来るし1鍋完結など多くのメリットが上がります

 うま味調味料がガッツリ入らないと中華料理屋さんの口に入れた瞬間妙に旨味爆破!みたいな味にはなりませんが

多数の高品質素材を組み合わせることにより生まれる複雑味と本物の香りで余韻の長く嫌みの無い味わいを作ってみましょう!

中華あんかけの写真

中華風あんかけ食材

(材料4人分 )

  1. 食用オイル                    30g
  2. 生姜細かいみじん切り10g 
  3. 豚ひき肉    400g
  4. タマネギ    100g
  5. キャベツ    150g
  6. キノコ        100g(椎茸がオススメ)
  7. カブ            100g
  8. ネギ              50g
  9. チンゲン菜 200g
  10. 天然塩            5g  白胡椒少々

あんかけソースの素

  • 水       500g
  • 醤油           30g
  • コーンスターチ30g(又は片栗粉)
  • ごま油                20g
  • バルサミコ酢      5g

本日の料理工程

  • 2の生姜は細かいみじん切り、その他野菜は好みの大きさに揃えカット(スライス又はダイスカット等)
  • 深めの鍋に食用オイルを入れ中火にかけ2の生姜を2分炒める
  • 3〜10を加え(根菜が下になるように投入)フタをして中火で10分炒める(焦げなければほとんど放置でOK)
  • あんかけソースの素をボウルに良く合わせてから鍋に加え軽く沸かす
  • 軽く沸いて適度なとろみがついたら味見して塩加減を調整して完成です、ひき肉が塊になっていたら木ベラ等でほぐせばOK。

  ※お好みで山椒パウダー、ラー油、酢、カシューナッツやを加えてもGood

  チンゲン菜の緑である葉の部分などは最後に加えた方が丁寧ですが省略してます。

 

中華あんかけレシピのまとめ

今回使用した食材は生姜みじん切りと食用オイルを除く野菜と肉の重量は1100gに対しあんかけソース量は約600gでした。

使用する野菜、肉の内容は冷蔵庫の在庫と相談して決めても問題ありません、ポイントは塩分濃度と具とあんかけソース量のバランスです。

出来るだけ簡単に正確なレシピを提供できるようグラム表示にしています、ほとんどカットした野菜を同時に放置状態で炒めソースを合わせるだけの調理工程でしね、もうねこれ以上簡単にできません。

 料理は食材をカットする事が多く、手を多少切ってしまうこともありますが安心して下さい、プロですらたまに切りますので、、

見習い時代は炙ったスプーンで切り傷の血をとめたものです

家庭でそんな事をする必要ありませんから(フォローになってないか、、笑)

 

Have a good one!

 

 ⬇マーボー豆腐はこちら ⬇

www.kazu-canada.org

⬇料理レシピランキング参加中ポチッとお願いします。