シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

アボカド丼 天使のレシピ?

電子レンジを使用した調理を推奨する料理人や料理家、メーカーは沢山ありますが、売れれば良い、直ちに健康に影響は無いから、と言うポジションでやっているならまだしも、本当にそれが効果的で便利であると錯覚している場合は救いようがありません。

 

『紀州備長炭と電子レンジで調理した食材の味を比べてみるところからやり直しなさい!』と突っ込みを入れたくなるというものです、

動物の味覚という感覚が本来は栄養素を感じ取る為のものだとすれば、どれほど大きく差が出るのかを味としても感じ取る事が出来ると思います、言うまでもなく後者を使用したものは見栄えは変わりませんが栄養素は壊され変質してますから個人的には調理とは呼べないと考えてますので私の家には10年以上前から置いてません。

『冷たいご飯なんか貧乏くさくて食べられない』 そう思う方は多いかと思いますが、

冷たくなっても美味しく食べられる高品質なご飯こそが本当の贅沢品です、そのような米(無農薬発芽玄米や自家精米5分づき米)を上手に炊き、冷えた米はレンジでチンなどせずに温かい味噌汁などと共によく噛んで食べるのが健康長寿への道ではないでしょうか。

とは言え、大病するまで気がつかないのがほとんどの現代人であり、多少健康に気を使っていたとしてもくだらないサプリメントなどに頼ったり騙されていたりするのが現代人かもしれません、ダイエットしたいから1日2食か1食にしているのに関わらず食品添加物満載の弁当を買って食べる矛盾に気が付かず、指摘されればどこが悪いんだ!と受け入れることも出来ないなど、、、。

まあとにかく、食に関することだけでも正しい知識を持たない事のデメリットは計り知れませんね、

 

とりあえず今回は なんとか式悪魔◯レシピ?にちょっと、、、?だったので

アボカド丼(無化調)です(強引)

勿論旨味調味料入りの悪魔◯刻みネギみたいなのは禁止です(他人を批判するだけのブログではありません、ご容赦ください)

avocado-bowl

アボカド丼 ソース

(3人分材料)調理時間5分

  1. 卵黄          4つ
  2. しょうゆ10g
  3. ブラウンシュガー5g
  4. しょうゆ20g
  5. バター    50g
  6. 胡麻油    50g(又は 圧搾絞り菜種油等)

(材料は可能な限り高品質な物を使用しましょう、マーガリンでは代用できません、しょうゆは出汁入で無いもの)

和風卵黄ソースの作り方

  • 1〜3をボウルに入れホイッパーで軽く混ぜておく(ハンドミキサーが便利)
  • 小鍋に4〜6を入れて沸かす
  • 1〜3の入ったボウルに沸かした4〜6を垂らし加えながらよく泡だててソースは完成(混ぜながら熱々の4〜6の混合液を加えていきます)
  • 丼にご飯を入れ、刻みノリを散らす
  • スライスしたアボカドを乗せソースをかけ、白ごま、刻み細ねぎをトッピングして完成です。(その他七味唐辛子、黒胡椒、おろしショウガ、本物ワサビ、タバスコなどお好みで)

 本日のまとめ

生卵黄の使用に抵抗がある人も食べれるように加熱した卵黄のソースを考えてみました、言うなればエッグベネディクトソースの和風バージョン(酸味なし)ですね、刺身系丼などにもどうぞ。

高品質食材にマイクロウェーブ加熱は全てを台無しにすると肝に命じましょう。

料理のプロとして理想の調理は、炭火➡直火➡ガス➡電気➡レンジです、便利になるほど美味しくなりません不思議ですね。

 

では本日も何かしら頑張って行きましょう。

 

漬け丼はこちら⬇

www.kazu-canada.org