シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

ブランマンジェ作り方・プロのレシピ

基本的に無から有を生み出すことができないよう、火の無いところにそうそう煙は立ちません。

簡単、便利と上っ面だけ聞こえの良い低レベルな食生活は不要な吹き出物を容易に生み出し、結果的にそのツケを払う事になるでしょう、

面倒くさいシェフ、カズです、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

ブランマンジェはフランス語で白い食べ物の意、ミルクと生クリームを少量のゼラチンで固めた卵不使用のクリーミーなプリンといったところです、本日はバレンタインデー前の準備運動を兼ねて手作りしてみましょう。

 

cream-pudding (写真は菜の花、生クリーム、柑橘ソース入り)

シンプルなブランマンジェ

(材料4人分)調理時間10分、その後3時間以上冷蔵し固める

  1. ゼラチン 7g
  2. 水   50g
  3. 牛乳                200g
  4. 生クリーム    150g (乳脂肪分35%程)
  5. 水                      50g
  6. ブラウンシュガー70g

※7お好みのお茶ティーバッグ又はバニラorアーモンドエッセンス

ブランマンジェの作り方

  • 大きめのボウルか小鍋の中に1と2を合わせてゼラチンを柔らかくしておく
  • やや深めの鍋に3〜6を入れ中火で加熱、軽く沸いたら火を止める(必要ならここで7を加える)
  • 柔らかくしたゼラチンに沸かした材料(必要なら漉す)を少量ずつ溶き混ぜる(ダマにならなければどんな方法でもOK)ゼラチンを完全に溶かす。
  • 大きなボウルなどに水を張り鍋ごと浮かべて粗熱がとってから型に流し込み冷蔵庫で3時間以上冷やして完成です。

本日のまとめ

ローストしたアーモンドスライスやローストした摺り白ごまの香りを移すことで本格的なレストランのデザートに仕上がります、フレーバー無しでも十分に美味しいのですがお茶のティーバッグが簡単でオススメです、例えばカモミール、色が白でなくても構わないのであれば緑茶や紅茶もオススメです、お試し下さい。

コンビニやスーパーで安売りしている菓子類は増粘剤、保存料入りでベタッとした口溶けの悪い食感とその味わいは表現するなら子供だましでしかありません、たまに食べるスイーツも手作りで出来るだけ本物志向の材料を使用しましょう

我々が考えている以上に摂取している物は影響力があることを忘れてはいけません、体も基本的に無から有を生み出すことは出来ないのです。

 

では本日も良い一日をお過ごし下さい。