シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

ダイエット習慣化とヨガしてみた3回目

ダイエットは明日から運動は明日からと言っている人が身の回りには必ず数人おりますが、何がそんなに難しいのか?についてちょっと考えてみました

殆どの場合はそもそも長期化する事を目標としていない一時的な減量が大きな原因だと思います、例えるなら1ヶ月で5キロ落とすみたいな感じですね

もうその考え自体が私はリバウンドする予定ですと言っているような気がします、、

ダイエットを一時的な減量ではなく長期的な目標とし、例えば一年で5キロ減らす。

そして健康的なダイエットを習慣にしてしまう、つまり呼吸してるレベルと考えてみてはどうでしょう。

 

someone-achieve-goal

呼吸するレベルでダイエットする・に必要な項目を作ってみました。

  • 出来る限り質の高い食品を使用し料理を作ること
  • 代謝に悪影響を及ぼす可能性がある物質の摂取を避ける(食品添加物、フッ素、アルミ等、ホ、も含みます)
  • スイーツ(甘味料を含む)はバースデーなど特別な日だけ、砂糖使用量を極力減らす
  • 禁煙、飲酒は特別な日だけ高品質なお酒を仲間と
  • 飲み物にも気をつける、(ジュースは無し)
  • サプリメントやトクホも基本信用しない
  • 安易な流行りのものに流されない
  • 30分以上の入浴とストレッチ又はヨガを生活に取り入れる
  • 可能なら軽いジョギング(20分以上)週に一回以上

意外と沢山項目がありますね、まあ一度辞めてしまえばなんてことは無い下らないことばかりですので自分に甘くない方はお試し下さい。(愛を込めてますご容赦ください)

ちなみに栄養素がどうだこうだ、研究、実験結果がどうだこうだと様々ありますが、いちいち惑わされていては疲れるだけですから半分本当で半分嘘であると認識しましょう。

栄養素を目視できる訳もなく、個人の吸収率なんて計算不能でカロリー計算も病気で治療中を除けばほとんど意味などありません、代謝に影響してくる物質の摂取こそが問題です。

高品質な物を選び正しく調理し、時間をかけて家族等と食べ、空腹と満腹を感じること(腹八分)そして食材に感謝しながらご馳走様でした、とすればいいだけです、

競馬の八百長が常識なように、ロトだろうが医療だろうが金の絡みがあるところがクリーンな訳がないのです、真実の研究結果は庶民のための物ではありません、個人で考え判断し動かなければいつまでも搾取され続け 挙げ句の果は皆さん茹でカエルです。

ちなみにカナダに住んでいると所謂アメリカのアニメに出てくるような横に大きな人も沢山います、スーパーマーケットで出会う彼らの買い物カゴの中身はダイエットコーラやその他加工食品と安物のスイーツ類で埋め尽くされております、実にわかりやすいのですが仮に気づいていても強い中毒性があるから止められないのが砂糖であり旨味調味料、とくに砂糖はタバコのニコチン中毒と同じかそれ以上の依存性があります。

 

 話は変わりまして

初回2週間限定で来たいだけきていいよ!

という名のお試しプランにカナダ$40を払った私、結局1週目は初日だけしかクラスを取れず、ようやく2周目の最終日に3回目のヨガクラスを受けてきたカズです

こちらのヨガスタジオで単発クラス取るとカナダ$18なのでとりあえず無事に得した気分でお試し期間は終了。

ほぼ休む間も無く呼吸と身体を深く意識しながらストレッチを1時間以上することってなかなか無いですよね?

ジムでマシーンを使ったトレーニングよりも体の芯から意識するヨガのほうがダイエットや健康な長期的習慣を持ちたい人には向いているように思います、

家にマット一つあれば出来ますからね、ラジオ体操代わりに朝がよさそうです。

ちなみにヨガ=カタツムリくらいスローなイメージだったのですがポーズからポーズへの移行は意外と早いので初心者的には意外と忙しいです。

ボクシング、キックボクシング、ムエタイを経験した私としてはインナーマッスルにも自信はあったのですが運動不足と熟成(加齢とも言う)と共に徐々に身体の芯がブレてきた感があり、難しいヨガポーズになると体は意志に反しイマイチうまくいきません。

とある最速で帰る男のムエタイジムでのトレーニングを思い出しますと・・・軽くバンテージを巻きながらストレッチを9分、その後重い縄跳びを9分、サンドバッグを軽く叩いて9分、汗が少し出てきたところでミット打ちを全力で12分, サンドバッグをちょっと激しく9分、その後ストレッチ9分、シャワーを浴びて帰る

3分動いては1分休憩の繰り返し、シャワー浴びる時間を含め僅か1時間

(朝築地に食材を仕入れに行きその後ムエタイジムで運動し、昼から夜の仕込み〜営業を深夜までがお決まりのパターン)

腰やその他関節部にも強い負担のかかる激しい運動は故障リスクが常に付きまといますので『最強に成りたい』とか、『愛する人を守りたい』とかそのような願望が無い場合は格闘技ジムはオススメしません、その後の仮眠は最高に気持ちいいんですけどね

 

さっ、とりあえずより良い人生を送るためになにか新しい事を始めましょう。

(気持ちだけでもね)