シェフ+カナダ

ゼロからの英語学習、料理をカナダから。

田辺市 黒猫 、シャノアール、私の記憶

カナダの小さな村で英語学習や、いまさらの高校授業やら、時間も足りなくてその他も諸々なんですが、とにかくもがき苦しんでいると、ふと

『自分の選択は正しかったのか?』

あの時カナダに来ないで和歌山に永住し適当にレストランを経営しながら猟銃片手に気の向くままに猪達を追いかけ回して毎日遊んでた方が良かったのでは無いか、、、?と

そのように感じてしまう時がありますが、人生は選択の連続、そして時には大きな選択をする事が人生には必要なので、いつでも出来る事は後回しにしてとにかく今の私は暫くの間ハードタイムを過ごさなくてはなりません。(少しづつ成りたい自分に近づくだけのことです)

 

話は変わりましてTwitterを見ていると今月ウン万円稼ぎました〜など虚言症な方々が多く騙す奴に騙される奴みたいな構図は実にオモシロイんですが、よくよく考えると当ブログも元オーナーシェフという肩書だけでは信用度に欠けるのだろうかと思いまして元店舗の画像を引っ張り出してきた次第です。

bistro-chatnoir-sendagi

ビストロ シャノアール (Bistro chat noir) - 千駄木/ビストロ [食べログ]

こちらは東京都千駄木時代ビストロのカウンター

 

restaurant-black-cat

cafe le 黒猫 - 紀伊田辺/フレンチ [食べログ]

こちらは和歌山県田辺市 ル黒猫のカウンター

私は元大工なので毎度店舗工事はDIYなのですが個人的にはモダンでスタイリッシュよりも、どこか古めかしく温かみがあり賑やかなカウンターが好きでしたのでジブリに出てくるようなイメージで作っています。

 

a-snail-toy-from-france

あまり関係ないけどフランスパリで買ってきたエスカルゴのおもちゃ

 

meats-terrine

個人的に好きな料理だったパテ・アンクルート

(大きなテリーヌ型に小麦粉とバターで作った生地と薄く伸ばした豚の背脂を敷き詰めマリネして熟成させた肉類の自家挽き、フォアグラなどを詰めフタをしてオーブンでローストし冷ましたら煙突からジュレを流し込み冷やし固めてから切りわけ提供します、めんどくさいけど切り出すのが楽しみな料理でもあります)

 

foie-gras-with-beef-fillet

古典的な料理であるロッシーニ

ポワレした牛ヒレとフォアグラ・煮詰めたポルト酒とフォン・ド・ヴォー、トリュフを加えたソースを添えるかぶっかけます。

 

さて、、また新しい一週間が始まります、時間に追われる日々は続きますが『ベストを尽くす』だけですね、プールに浮かんでいるだけでは何年いてもなかなか泳げるようにはなりませんから もっとバタバタしようと思います。

 

 Have a good day!